ローター研磨
重要度 耐用年数 工賃+部品代
★★★☆☆ 随時
パッド交換時が最適
通常車
¥5250
ブレンボ等・大口径
¥6300

イタリア製のローター研磨機
TR350

今回は往年の名車NSXのローターを削ります。

このようなレコード盤状の磨耗は良く見られます。
問題は歪と内外の磨耗差です。
ブレーキ関係で当店がお勧めしているのが「ローター研磨」です。
高速道路で減速するときにブレーキペダルに振動を感じた経験はないでしょうか?
他にも原因は挙げられますが、疑わしいのはローターの歪みです。
ブレーキローターを見たときにパッドの当たっていない箇所はありませんか?
製動力不足の原因になります。
ブレーキパッドが磨耗することは周知の事実ですがローターも同様に磨耗します。
均一に磨耗すればそれほど問題にはなりませんが、
偏磨耗や熱による歪みが発生するといろいろ問題が出てきます。
特に重量級の車やスポーツ走行をする車、経年した車、ブレーキのO/Hを怠っていると
起こりやすいようです。
ローターを新品に交換するという方法もありますが、安価な社外品を使うとすぐに同じような症状が発生します。
特にブレンボ等ローターは非常に高価で高品質なので、おいそれと交換するわけには行きません。
そこでお勧めするのがローター研磨です。
磨耗具合にもよりますが\5250/1枚と非常に安価に行うことができます。
もちろん研磨限度もありますので、そこはご相談ください。
施工時にはパッド表面も削り、再使用しますが、
ベストなのは同時ににパッドも交換することをお勧めします。
症状が悪化する前の施工をお勧めします。

研磨機をセットした状態。 荒削りして、歪みと一番薄いところを探します。最内と最外は段差ができていたので事前に削ってあります。この車両の場合、意外と歪は少なかったです。
完成の写真!
ローター単体での完成写真を撮り忘れました。w
歪みも取れてタッチも復活しました。