アンダーコート施工(防錆、防振)
重要度 耐用年数 工賃+部品代
★★★☆☆ 5年以上 軽自動車
¥25,000〜
普通車
¥30,000〜

十分な洗浄により下地を作ります。

新聞紙やマスカーにより車全体を囲う準備中。結構大変なんですW
この作業で仕上がりがまったく変わってきます。

施工前のボディー下。
さすがバブリーカー。元々のアンダーコートも厚めで広範囲です。
ほとんど塗装ブースのような状態に♪

最近はじめたアンダーコート施工を紹介します。
これは通常車検時に行うシャーシブラックよりさらに進んだ防錆施工です。
当店ではスウエーデン製のNoxudol(ノックスドール)を採用しています。←ボルボ標準施工です
主には雪道を頻繁に利用される方へお勧めいたしますが、
旧車等フロアーのさびが気になる車両にも行います。
施工前に十分洗浄を行い、乾燥、ボデーへの溶剤の飛散を防ぐために十分な養生を行います。
主には塗膜1ミリ〜2,5ミリ程度の仕上がりになるUM-1600を使用します。
厚めのコートになりますので、坊振防音対策にもなります。
タイヤハウス内には900を使います。
元々厚めのコートが施されていますので、補う形で塗布しています。
この車両の場合はオーナー様が経年による錆の発生を気にされておりましたので、
パネルの継ぎ目やフレーム内に700の防錆施工を行いました。
浸透性の高いワックスベースのスプレーですので、長期間の防錆効果が期待できます。
近年の新車はコストの削減のためにアンダーコート自体がほとんどありません。
↑見えないとこは大幅カット!?
入庫する最初の車検で錆が発生していることも珍しくありません。
用途や車両状態により施工内容は変わりますが、愛車と長くお付き合いしたい方にお勧めします。

専用ガンにより塗装中。

完成の図

完璧な養生により飛散はありません。赤いショックがまぶしいですW